決済アプリ『PayPay(ペイペイ)』を完全に解約する方法とは-残高もろとも消滅に注意!

最新の技術が導入され基本的には安心だと頭では分かっていつつも、連携するクレジットカードや銀行口座が増えていくたびに若干の不安があると思います。

もしくは携帯電話の番号が変わった、などでやむを得ずPayPayのアカウントを消去する必要が出てくる時もあります。

そんな時にPayPayのアカウントを完全に消去する・もしくはアカウント自体は残したまま実質的な利用停止状態にする方法をご紹介致します!

PayPayアカウントを口座とともに消去する

まずは本記事のタイトルにある通り、PayPayのアカウントを口座残高と共に一切の情報を消去する方法のご紹介です。

▼まずアプリを開き、アカウントをタップ。

▼次に表示されるアカウントメニューの一番下に位置するその他をタップ。

▼その他の画面の一番下にアカウントの解約という項目がありますのでそちらをタップ。

▼画面下部にこちらの確認用ポップアップが表示されますので、解約手続きに進むをタップ。

▼次の画面ではアカウントを完全な解約に対して様々な注意事項が表示されますので、完全な解約を行う前にしっかりと内容を確認しましょう。

ここで注目すべきなのは、

登録情報・利用履歴とともにPayPayの残高まで削除される、ということ。

さらに、一度解約したアカウントに使用した携帯電話番号は、180日間の間、新規登録で利用することができなくなります。

まさに完全な解除、というべき選択肢ですが、PayPayのアカウントはYahooウォレット、Yahoo マネー、 銀行口座やクレジットカードなど多岐にわたる連携があり、それらを一度に解消したい場合は便利な選択肢かと思われます。

先ほどの画面を下方向にスクロールすると、

▼最終最後の同意のチェックマークと同意して解約するのボタンが表示されます。

こちらのボタンを押して解約を完了させましょう。

【利用停止方法】連携をできるだけ解除してログアウトする

次に実質的な利用停止を行う方法を紹介します。

アカウントの完全削除までとはいかないまでも、連携・登録したすべての情報をクリアしログアウトすることによって、もしPayPayでなにか起こったとしても被害に遭わない、もしくはその可能性を下げるということが実現できます。

その1:チャージした金額・PayPayボーナスを使い切る

当然のことながらチャージして残っている金額については、未だ現金価値を有していますので、利用停止を行う前に完全に使い切っておきましょう。

ただしここで注意が必要になのが、PayPayボーナスは付与に時間差があります。PayPayを利用して得られる予定のPayPayボーナスは当月締めの翌月に入金付与されるスケジュールになっていますので、入金予定のPayPayボーナス分がある場合は、付与後に使い切りましょう。

補足
現在PayPayの「残高」の項目を確認すると、
▼このように「銀行口座に出金」という項目が見受けられます。

こちらをタップすると、

「今後、出金できる新しい電子マネーを提供予定」と表示され、一度チャージした金額もこちらの機能が実装されていれば、全額を使い切ることなく、自分の口座に戻すことができますので、実装以降はこちらの機能を使ったほうが便利でしょう。

Yahoo!Japan IDとの連携を解除

次に Yahoo JAPAN ID との連携を解除します。

▼画面下部にあるアカウントをタップ。

外部連携という項目がありますのでこちらをタップ。

▼ Yahoo JAPAN ID 連携を済ませている場合はこちらの部分が解除するという文言になっていると思いますのでこちらをタップ。

▼確認画面ポップアップが画面下に表示されますので「連携を解除する」をタップして、解除を完了させましょう。

Yahoo JAPAN ID との連携を解除することによって、 もしPayPayの自分のアカウントが狙われたとしても Yahoo JAPAN に登録している情報まで届かせないことができます。

銀行口座との連携を解除

Yahoo マネーと連携して銀行口座と直接つなぎ込みをしている場合、こちらの連携も解除することができます。

アカウント支払い方法の管理をタップして、

▼銀行口座を登録がある場合は、このようにカード状に銀行口座名の表示がされています。

このカード部分をタップすると、

▼連携している Yahoo ウォレットの画面が表示されます。「登録情報」をタップすると、

▼Yahoo ウォレットの登録情報メニューが表示されますので、預金払い用口座をタップ。

▼預金払い用口座として登録する銀行口座名が表示されますのでこちらの部分をタップ。

▼次の画面で銀行口座の詳細画面が表示されますので、画面右上にある削除リンクをタップすると、

▼口座番号入力の後、ヤフーウォレット上のこの銀行口座の情報を削除することができます。

このあとPayPayのアプリ側に戻っていただき、支払い方法の管理ページを確認すると先程まで表示されていた銀行口座がなくなっていることが確認できます。

クレジットカードの登録を解除

クレジットカード情報を削除するには、

▼同じく支払い方法の管理に含まれるクレジットカードを表示させ、画面右上のゴミ箱アイコンをタップします。

▼確認用のポップアップで表示されますので、削除するをタップして削除完了となります。

最後にログアウト

一通り情報の削除・連携の解除ができたところで最後にログアウトを行いましょう。

アカウントページにあるアカウント情報をタップし、

▼今現在登録しているアカウントの詳細情報が表示されますので、画面下にある「ログアウト」をタップします。

▼こちらも確認をのボタンが表示されますので「ログアウト」をタップして実際にログアウトを行うことができます。

ここまでの作業で、PayPayを利用開始時に登録した銀行口座やクレジットカード、 Yahoo JAPAN IDとの連携を削除し、PayPayのアカウントは残しながらも実際的な利用停止状態にすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、現在のアカウントでのPayPayの利用を中止・解約したい、もしくは一度停止状態にしたい、という方のためにその方法をご紹介させていただきました。

各銀行口座との接続が増えれば増えるほど何か事件性があることが起こった時に不安があると思います。

その際は本記事を参照して頂きながら粛々と解約もしくは停止の作業をしていただければと思います。