【電車で2%】『モバイルSuica』でポイント還元を受け取る方法-乗車時の還元率とSuicaの登録作業を徹底解説!

安定性や普及率でダントツの評価を得るキャッシュレス手段としての「Suica」ですが、新しいニュースで「在来線乗車時にSuicaを利用することでもポイントが発生する」ということが発表されました。

毎日JR東日本の電車を利用する人にとっては大きなニュース。

今回はその在来線乗車によって発生するポイントの還元率、ポイント獲得方法や使いみちについて、詳しくご紹介していきます!

モバイルSuicaでポイント還元が始まる

モバイルSuicaはスマホが行き渡った現在でいうともっぱら「Suicaアプリ」と認識している方が多いと思いますが、まさにそのとおり。

いくつかの登録作業を行いSuicaアプリに登録されているSuicaをJR東日本が運営しているポイントサイトに登録すると、Suicaを使用するだけでポイントが貯まるようになります。

ポイントの還元率

でも、電車の乗車で付与されるポイントなんて、どうせ雀の涙でしょ?って予想されるかもしれませんが、

それが驚愕の2%。

毎月、移動などで片道1,000円x2回、月に25日稼働で50,000円/月、在来線乗車に利用している人はなんと1,000円分のポイントが自動で貯まることになります。

モバイルSuicaの在来線使用でポイントを獲得する方法

ではどのようにしてSuica利用でのポイント付与手続きを行えばよいのか?

以下の手順を確認してみてくださいませ!

全体の流れ

今回ここでご説明する手順、かなり工程が長く大変です。今後改修され簡略化されることを期待していますが、現時点では下記の手順を踏む必要があります。

  1. JREポイントサイトの仮登録
  2. JREポイントサイトのメール認証
  3. JREポイントサイトの第2パスワードの設定
  4. JREポイントサイトでSuicaの登録
  5. JREポイントサイトでモバイルSuicaの情報(プロフィール情報)の入力

となります。

それではそれぞれの流れは以下よりご確認くださいませ!

JREポイントのWebサイトで会員登録を行う

まずJREのポイントサイトで会員登録を行っていない方はJREポイントサイトで会員登録を行う必要があります。

こちらのサイトにアクセスして、いますぐ新規登録をタップ。

▼その後、メールアドレスとパスワードを入力するフォームがありますので、入力後、

「JRE POINT会員規約に同意する」にタップして次へをタップします。

▼そうすると仮登録を行う直前の確認画面が表示されますので仮登録するをタップします。

▼メール送信完了と表示されますので、メールアドレス欄に入力したメールを確認します。

▼すぐにこちらのメールが到着していますので、本文内に記載されているURLアドレスをタップし

▼再度、先程設定したメールアドレス・パスワードを入力してログインを行います。

まだまだ続きます…!ここでへばらずに先に進みましょう…!

▼次にJREポイントサイトでのセキュアを高めるための「第2パスワード」を設定します。

こちらは4~8桁の数字を設定する形式ですので、任意の数字を設定しましょう。

JREポイントのサイトにモバイルSuicaを連携する

次にポイントサービスを選択します。

▼次の画面では登録するポイントサービスを選択する画面が表示されますので

▼今回の場合、iPhoneのApple Walletで取り扱っているSuica(モバイルSuica)になりますのでSuicaで登録される方を選択します。

▼次はSuicaの種類を選択します。種類選択の画面がありますのでモバイルSuicaをタップ。

▼すると次の画面で連携を行いたいSuicaの登録を行う画面が表示されます。

MEMO

「モバイルSuicaに登録のメールアドレス」とありますが、iPhoneでSuicaを利用している場合、Suicaアプリを利用開始する時点で登録したメールアドレスを入力する必要があります。

また「モバイルSuica会員パスワード」も同様にSuicaアプリ設定時に作成したパスワードを入力します。

その他

  • 氏名(カナ)
  • 誕生日
  • 性別
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所

を入力し、

▼お知らせの受け取りに関する選択肢を選んで次へをタップします。

▼次の画面で登録内容の確認画面が表示されますので、内容に間違いがないかを確認し登録するをタップします。

▼これにて!ようやく!JREポイントのサイトに登録することができました!

ココまでの作業で

  • JREポイントサイトへの登録
  • サイトへのSuica登録

がいっぺんに完了した形になります。

JREポイントのWebサイトでポイントが付くSuicaのIDを確認する

こちらはポイントを獲得するのに必須の作業では有りませんが、「どのSuicaにポイントが付くのか」確認してみましょう。

会員登録が完了すると、

▼JREポイントのサイトトップページがこのようにポイント表示がされるようになります。

ここからポイントサイトと連携したSuicaのIDを確認する方法は、

▼こちらの画像バナーをタップし、

▼次のページで表示されるSuicaを追加するをタップ。

▼次のページで登録しているSuica番号がこのように表示されますので、

『このSuicaで電車に乗るとポイントが付く』

と覚えておきましょう。

ただし、もし複数のSuicaをApple Walletに登録している場合は、どのカードを使用するとポイントが付くのか、わかりづらくなります。

▼そんな時は先程の画面の「JE」から始まるID番号部分の下4桁を確認し、(この場合は2117)

▼Suicaアプリを起動し、Suicaの詳細画面を見るとこちらの部分に「Suica番号」が表示されています。

末尾4桁を確認してみると、やはりこちらも2117。

よってこのカードを使用すると、JREポイントが付与される、ということになります。

複数のSuicaをApple Walletに登録している人でも鉄道の乗車などに使える「エクスプレスカード」設定はどれか1枚のみですので、このJREポイントに登録しているカードをエクスプレスカードに設定することをオススメします。

モバイルSuicaを別のSuicaに切り替える方法

Suicaアプリを使用していて複数のSuicaを登録していると、ポイント付与の対象カードを切り替えたいタイミングもあるかと思います。

ここではポイント付与がなされるモバイルSuicaを切り替える方法をご紹介いたします。

▼まずJREポイントサイトでSuicaを登録して~の画像バナーをタップ

▼次のページで表示されるSuicaを追加するをタップ

▼現状のSuicaが確認できる部分の下側にモバイルSuicaの切り替えというボタンがありますのでこちらをタップします。

▼次に「切替えするモバイルSuica情報の入力」という部分があり、その中に「モバイルSuicaに登録のメールアドレス」があります。

この部分に入力すべき情報は、この画面上でも記載してあるとおり「Apple PayのSuicaの場合はSuica識別ID」と書いてあるとおり、Suicaごとに個別で所有する「Suica識別ID」を入力する必要があります。

「Suica識別ID」を確認・入力するには、

▼Suicaアプリのカード部分をタップし、

▼詳細画面の「Suica識別ID」部分に記載されています。

▼この部分をこのようにコピーし、

▼「Suica識別ID」の欄にペースト&パスワードを入力すると、

▼切替えの確認画面が表示された後、更新するをタップし、

▼このように切り替えを行うことができます!

これで、複数のカードが同居している方でも自分の任意のカードでポイントを獲得することができますね。

あとは10月1日のポイント付与スタート以後、在来線でSuicaを使うだけ!

ここまでの設定が完了していれば、JREポイントに登録したSuicaカードをエクスプレスカードに設定し、JR東日本の在来線を利用するだけで運賃の2%のポイント還元を獲得することができます!

いろんな所で使えるSuica。どこまでポイント還元?

最近や電車や交通機関の乗車、タクシーに至るまでSuica対応がされており、レストランやスーパー、ショッピングモールなどでもSuicaの利用が可能になっています。

では、10月1日からはどのアクションを行うことでポイント付与がされるのか?というと、

  • 【NEW!】JR在来線に乗車
  • 【NEW!】Suicaグリーン券の購入
  • 【NEW!】モバイルSuica定期券の購入
  • JR東日本グループの商業施設(以下参照)

今回、10月1日から電車の乗車も付与対象になった、ということですね。

毎日、通勤通学で定期を使用する人、移動で電車を利用する人は乗れば乗るほどポイントが貯まっていきますし、日常的に利用するものですので、長いスパンで見ると相当ポイントは貯まりやすいですね。

MEMO
ただし、ポイント付与対象の路線はJR東日本管内の在来線Suicaエリアが対象で私鉄各線は対象外となります。

JREポイントはどの場所で使うことができる?

では、在来線乗車で貯まるJREポイントはどこで使用することができるのか?という点ですが、前項で掲載した「JR東日本グループの商業施設」で使用することができる他、Suicaチャージにも利用することができます。

現在決まっているポイント付与されるアクションについて

今後、付与されたポイントの使い道は拡大傾向で、

  • 2020年春頃:タッチでGo!新幹線
  • 2021年春以降:ポイントの交換先として新幹線や在来線特急乗車券に交換できるチケット、を予定。

となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は2019年10月1日から開始されるSuicaの新規ポイント発生源「在来線乗車でのポイント発生と獲得」の方法についてご紹介させていただきました。

個人的な希望としては、今現在Suicaが利用できるコンビニ・スーパー・レストラン・ショッピングモールなどでSuicaを利用したときにも、このJREポイントが還元される事態になると、PayPayやLINE PayなどのアプリやITから派生した決済事業者を押しのけて絶対強者になる気がしておりますので、その当たりの動向に期待ですね!