【更新版】決済アプリ『PayPay(ペイペイ)』が展開する最新のキャンペーンまとめ

各社大手からベンチャーまで様々な企業がコード決済・キャッシュレスアプリに参入し、実質的な先行者となったPayPayは引き続き積極的なキャンペーンを続けています。

そこで今回はPayPayの直近のキャンペーンとその内容・還元率などをまとめてみましたので、ご参照くださいませ!

『PayPay』の最新キャンペーン日程と還元率

毎月目まぐるしく変わっていくキャンペーン情報ですが、

▼直近の当月から向こう3ヶ月のキャンペーン内容とそのメリット・還元率をまとめました。

セブンイレブン導入第2弾キャンペーン

まだプレスリリースが出されたばかりの段階ですが、「#3ペイまつり」と称された「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」の3社合同のセブンイレブンをメインにしたキャンペーンで、第1弾は7/11から31日まで開催されていました。

※LINE Payとメルペイは7/21で終了。

そして期待された第2弾は20%の還元というインパクトからはかけ離れた、「毎週最大300円相当お得な5週間」というもので、

簡単に説明すると

1週間に100円貰えるのが5週間続く

という内容。

キャンペーンタイトルで300円と謳っている理由としては、ペイアプリが3アプリあり、その一つ一つで100円ずつ、という意味合いです。

うーん、正直微妙ですね。

とはいえ、実は第1弾も「20%還元!」とは謳いつつも、実は期間合計の付与上限が1,000円で打ち止めでしたので、還元率としては高く見えていてもそれほどお得さは享受できないキャンペーンでした。

今回は5週間という前回よりは開催期間が長いものの3アプリを駆使してようやく1,500円のメリット、ということですので、手間に対して得られるメリットが、無料牛丼に数時間並ぶようなものに近くも感じます。

飲食店・スーパーで!PayPayランチ【2019年7月】

こちらのキャンペーンはスーパー・飲食店にてランチタイムの時間帯(11時~14時)に使用することで10%~最大20%の還元を適用できる、というもの。

▼こちらの付与上限は1回あたり1,000円、期間合計が30,000円までと使い切るにも余裕のある還元対象になっています。

こちらはPayPay残高での支払いについては10%が適用となり、さらに使用している通信キャリアがソフトバンクかヤフーモバイル、もしくはヤフープレミアムに登録しているユーザーであれば最大20%戻ってくる、という企画になっています。

とはいえ、このキャンペーン、「スーパー・飲食店」としか書かれておらず、具体的にどのお店で使用できるかはウェブ上では記載されておりません。

PayPayランチが適用できるお店を確認する方法

PayPayランチの還元が適用できるお店を確認する方法は、

▼アプリ内の近くのお店をタップし、

▼地図上に「ワクワク」と表示されているお店が対象となっています。

更に具体的にキャンペーンが本企画かどうか確認するには、上記のワクワクペイペイ開催中!をタップし、

▼こちらのページが表示されていれば問題なくランチ企画の還元率が適用できるお店となっています。

セブンイレブンで最大20%戻ってくる!キャンペーン

こちらは7/11から開始したLINE Pay・メルペイとの3社合同企画で、PayPay以外の2社は7/21でキャンペーン終了となっていましたが、PayPayだけは7/22以降も実施され、7/31までの企画となっています。

▼まず目に飛び込んでくるのが「最大20%」という高還元率を表す数値ですが、

期間中の合計付与ポイントが1000円相当まで、とありますので、5,000円の買い物までは20%の還元が適用されますが、それ以降は適用されません。

とはいえ、1週間の間にセブンイレブンで5,000円の買い物をされるのもなかなかのヘビーユーザーかと思いますので、大抵の方が「ふとした時に20%分のポイント付与がされた」という喜びを感じうることができるのでは無いでしょうか。

また、PayPay x セブンイレブンという意味では、

▼こちらの2つのキャンペーンも同時進行中で

20回に1回のランダムではありますが1000円の付与が期待できるのと、

▼詳細はこちらの「現金チャージがはじまるキャンペーン」として

セブン銀行ATMでチャージを行うと、200円相当のPayPay残高が手に入る、というもの。

これらの企画を組み合わせることにより最大で2,200円の還元を得ることが可能になりますね。

熱烈歓迎!横浜中華街おトクな夏祭り

こちらは8月から開始される企画で、PayPayと横浜中華街が業務提携を行い、横浜中華街内でPayPayを導入した店舗での支払いでPayPayを使用すると最大で20%の還元が付与されるとのこと。

ただし、横浜中華街の全ての店舗がPayPayを導入した形ではないため、目当ての店舗が導入済みかどうかを確認しておいたほうが無難かもしれません。

また付与率は

  • PayPay残高・Yahoo!マネー → 10%
  • ヤフーカード → 10%
  • その他のクレカ → 0.5%

となっておりPayPay残高・Yahoo!マネー・ヤフーカードの場合でソフトバンク・Y!モバイルユーザー・Yahoo!プレミアム会員の場合は19%となっています。

飲食店・スーパー・コンビニで!PayPayランチ【2019年8月】

こちらの企画は2019年7月に開催された「いつもどこかでワクワクペイペイ」の8月版と同様で飲食店とスーパーで0.5~20%のポイント還元が実現される企画です。

7月のキャンペーン時と大きく違うことは、8月はコンビニも付与対象になっているということ。

こちらも当該キャンペーン期間に入り、アプリ内の「近くのお店」で「ワクワク」フラグが立っているかどうかで判断可能になると思われます。

また、「PayPayチャンス」と呼ばれる利用後のくじ引き機能で、通常ユーザーは20回に1回の当選(1,000円相当のPayPay残高)ですが、ソフトバンク・ワイモバイル・Yahoo!プレミアム会員はなんと10回に1回の確率で1,000相当のポイントが戻ってくる、というもの。

確率的には2倍になり、開催期間も1ヶ月ほどあることから、仮に平日毎日利用したとして2週間に1回は当たることに。

額も1,000円ですので、当たると昼飯代がチャラになると考えるとありがたい特典ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

当初の100億円キャンペーンなどを行い、それに追従する形で各社「◯◯億円キャンペーン」を開催していましたが、そろそろユーザー定着を狙う頃か、還元額の高さよりも期間を引き伸ばして常習的に利用するユーザーを増やそうと狙っている印象ですね。

「基本はPayPayを利用している」というユーザーも昨今は多く見かけます。

もしそのような方でしたら本記事ご参照いただき、積極的にキャンペーン参加してみてくださいませ!