【超入門ガイド】コード決済アプリ『PayPay(ペイペイ)』の基本的な使い方-アカウント作成からコード読み込みのやり方など

QRコード支払いという新しい決済手段がじわじわと広がってきている中、楽天やLINEなどのIT大手各社がその展開に本腰を入れてきています。

また、2023年には8兆円規模の市場になると予想されるQRコード決済市場ですが、Yahoo!グループからリリースされた『PayPay(ペイペイ)』というアプリが破竹の勢いで世の中に拡散・浸透しており、今回はその『PayPay(ペイペイ)』というアプリの基本的な使い方、またそこに至るまでの最も簡単な登録方法などをご紹介してまいりたいと思います!!

コード決済できるアプリのまとめ一覧-日本で展開中のサービス比較とメリット・デメリットなど

まずはアプリをダウンロード

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
開発元 : PayPay Corporation

準備編

準備といってもそこまで面倒なことは無い設計になっていますが、お金を直接的に扱うため、このあたりは仕組みを知るためにもじっくりきちんとやりたいはず。

以下にて『PayPay』のアカウント作成に関する流れをご紹介させていただきます!

PayPayのアカウント作成

アプリをインストール後、最初に表示されるのが

▼こちら。

上記の各項目に携帯電話の番号パスワードを入力します。

その後、入力した携帯電話番号にSMSで認証のための番号が送付されますので、そちらを入力すると、次に進むことができます。

登録が完了すると、

▼こちらの「ホーム」画面が表示されます。

こちらで表示されている画面がこのアプリにおける最も基本の画面で、こちらから各種残高やステータス、支払いなどへのアクセスが可能になっています。

クレジットカード登録

アカウント作成しただけでは支払われる元の決済口座ができていませんので、利用することができません。

この『PayPay』ではいくつかの支払手段が提供されていますが、まず最初は最も一般的なクレジットカードでの支払いができるように、自分の所持しているカードを登録していきましょう。

▼ホーム画面表示時にVマークがありますので、こちらをタップすると、

▼このようにその他の機能・ツールのアイコンが展開しますので、支払い管理をタップします。

▼次に、既存の登録済みカードと合わせて支払い方法の追加がこちらに一覧で表示されていますので、クレジットカードを追加をタップします。

▼次の画面ではカメラが起動しますので、枠内に追加したいクレジットカードのカード番号や名前・有効期限が入るように撮影を行うと、

▼簡単にカードの追加を行うことができます。

この作業にてひとまずは『PayPay』を支払い可能なものにする工程は完了です!

チャージ用の銀行口座を追加してPayPay残高に入金する

とりいそぎ、PayPayとクレジットカードの連携が完了し、PayPayで支払いができる状態にはなりましたが、実は、クレジットカード引き落としの殆どの場合、PayPayの一番の強みである「ポイント還元」を受け取ることができません。

PayPayで還元を最大限に受けるには

  • 銀行口座を登録・チャージし「PayPay残高」から支払う
  • ヤフーカードを作成しクレジットカード連携する

のどちらかを予め対応している必要があります。

MEMO
さらに大きな還元にするためには、スマホの通信キャリアをソフトバンクかワイモバイルにする必要がありますが、ハードルが高いため、一度ここでは割愛します。

「銀行口座の登録」か「ヤフーカードの作成」となるとハードルが低いのが「銀行口座の登録」になるかと思います。

▼銀行口座登録の手順とチャージの方法についてはこちらで詳細をご紹介しております!

QRコード決済アプリ『PayPay(ペイペイ)』にチャージする方法とそのメリットについて

チャージして使う、という手順が金額(残高)を見ながら使うことができますので、安心です。

利用開始のこのタイミングで口座登録・チャージは済ませておく方がベターです!

利用編

クレジットカードの連携ができたら、あとはお店で支払い時に見せるだけ、かと思いますが、実はこのPayPay、利用方法が大きく分けて2種類あり

  • 店員さんにコードをリーダーで読んでもらい支払う方法
  • 自分でお店のコードを読んで支払う方法

の2パターンがあります。

それぞれどのように行うのか?どのお店がどちらの支払い方法なのか?をご紹介してまいりたいと思います。

お店にQR/バーコードを読み取ってもらい支払う方法

ユーザー目線としてはこちらが最も簡単な方法で、アプリを起動後、

▼ホーム画面に表示されるこちらのバーコードをお店側のバーコードリーダーで読み取ってもらうだけ。

この1回の読み込みだけで支払いが完了してしまうなんて、自分にとってもお店側にとっても画期的で楽ちんですね!

お店のQR/バーコードを自分で読み取って支払う方法

ファミリーマートのような大手コンビニでは当然のごとくバーコードリーダーが備え付けられていますが、カフェや居酒屋など必ずしもリーダーが無いところもあります。

そのような店舗でPayPayを使う際は、もしそのお店がPayPayを導入していれば、

▼まずこちらのお店に設置してあるQRコードを確認します。

参照:https://paypay.ne.jp/store/campaign/

このパネルがおいてあればPayPayが使用できることを意味し、まずはこのコードをPayPayアプリで読み込むところから支払いの手順を開始します。

上記のパネルが発見できたら、アプリを起動し、

▼こちらのスキャンをタップします。

▼そうすると、このようにカメラが起動しますので、この画面より先程のパネルに印字されているQRコードを読み取りましょう。

読み取り後、利用しようとしているお店の表示がなされますので、その画面上に利用料金の入力を行います。

注意
スキャン支払いの注意点は、金額入力はあくまで自分で行う、という点。間違った支払いをしてしまい、それが後々分かるようなケースは、PayPay側では対応できませんので、ユーザー個人で支払ったお店側に相談するしか無いようです。

入力ミスを減らすため、入力後は一度店員さんに見せることが推奨されています(チョイメンドイネ)

その後、「支払う」ボタンを押せば完了!

確かに今までの支払い方法と比較すると、

  • 現金払い→最悪。紙幣とコインを相手に渡し、お釣りも自分に紙幣とコインで返ってくる。それをきれいに財布に分けてしまい込む必要がある。
  • クレジットカード払い→暗証番号の入力、もしくはサインが必要。

やはり、使い慣れたスマホの画面上で支払い作業が完結しますので、支払う側にとっても格段に利便性が上がることと、お店側にとってもPayPayのパネルをおいておくだけで金額の入力・支払いが完了するので、かなり効率が上がると思われます。

また、店舗側用のPayPay専用アプリがあり、売上管理もかなり簡便になる様子。しかも店舗側の決済手数料がなんと0円…!おそらく今はPayPayも普及を優先しているためか。

使えるお店はどこ?利用可能店舗の確認方法

この便利なQRコード支払いアプリ『PayPay』ですが、そもそも加盟店が身近になければ使う機会がありません。

どこで使うことができるのか分からなければ、意気揚々と『ペイペイで!』なんて恥ずかしくて言えませんので、予め「どこで使用できるか?」を把握する必要があるかと思います。

実は、PayPayのアプリ内で地図ツールが内蔵されており、どのお店でPayPayが利用できるかは随時・随所で確認することができます。

▼こちらの画面下部にある近くのお店をタップすることでその地図を閲覧することができます。

アプリ内で利用可能店舗を確認する方法は、

▼こちらの記事で詳細を記載しておりますので、ご確認くださいませ!

決済アプリ『PayPay』の使える店はどこ?近くにある?地図上で加盟店を表示する簡単な方法!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は新しく登場したQRコード決済アプリ『PayPay』の最も基本的な使い方についてご説明させていただきました!

この基本である「クレジットカード払い」の他にも自分の銀行口座と紐づけてPayPay自体にチャージして使用したり、支払い方法についてもいくつかの選択肢がありますので、それらは今後の本記事と連動する形でご紹介の場所(記事)を設けたいと思います。

また、今は『100億円あげちゃうキャンペーン』と題して、PayPayを使用して支払った場合に購入金額の20%分が電子マネーとして返ってくるキャンペーンが行われています!

例えばPayPayで2万円の買い物をした場合、なんと4000円分の(PayPay内での)電子マネーがその後付与されるというもの…!

この様相からPayPayを展開するYahoo!グループ、ひいてはソフトバンクグループがどれだけこのアプリを世に広めて定着させたいかが分かりますね!

実際的には認証→クレカ登録で簡単に利用できますので、お手すきでお試しいただければと思います!!