「Origami Pay(オリガミペイ)」の還元率は何パーセント?Origami Payで還元・割引料率とその条件を徹底解説!

当サイトでも各社・各ペイアプリの還元率をまとめておりますが、

決済アプリ『楽天ペイ』の実際的な還元率はどのくらい?楽天カード有/無とキャンペーンごとで比較! 【画像】『LINE Pay』で開催されるキャンペーンの詳細とその還元率の関係について徹底解説!

独特な仕組みを取る「Origami Pay」の還元率は一体どのような形態になっているのか?

また、どのような条件下で適用させることができるのかなど詳しくまとめました!

Origami Payとは?

Origami Payは、数あるペイ系アプリの中でも運用歴が長く、その配信開始はPayPayよりも前に遡ります。

その最も大きな特徴としては、決済の後日に還元としてポイントバック等をされる形ではなく、「その場で割引が適用される」という点が他のペイ系アプリとしては一線を画しています。

▼「Origami Pay」の詳しい・基本的な使い方はこちら。

決済アプリ『Origami Pay(オリガミペイ)』の使い方-加盟店やキャンペーンの確認・銀行口座連携など徹底解説!

▼「Origami Pay」の使えるお店を確認するにはこちらの記事を御覧くださいませ!

決済アプリ『Origami Pay(オリガミペイ)』が使える店を割引率も含めて表示する方法

「Origami Pay」に還元ってある?

Origami Payが「還元」ではなく、「即時割引」であることは冒頭で触れました。

その仕様の「Origami Pay」にて「還元」が行われる企画や施策があるのでしょうか?

その答えは「有りません」。

Origami Payは各ユーザーごとでポイントを所有するシステムを実装しておらず、基本的には全て「その場で割引」が行われます。

また、キャッシュレス・消費者還元事業において、

▼Origami Payのページでもこのように「即時ポイント還元」という記載があり、

「あれ?Origami Payでもポイントの還元や保有があるのかな?」と思ってしまいがちですが、このページを注意深く読んでみると、

▼このように「付与されると同時に還元されます」と記載がされていますので、

結局の所、全てが「即時還元」「即時割引」となるわけですね。

ちなみに、「還元と割引」どちらがお得なのか?という点ですが、実は完全に「割引」の方がお得度は高くなります。

その理由は「還元の場合、次回の買い物が必要。」となるためで、同じパーセンテージであれば、即時値引きが行われる「割引」が断然お得になります。

「Origami Pay」の割引率と適用の条件

クレジットカード/デビットカードでの支払いの場合

2020年1月時点で、クレジットカード/デビットカードを使用した場合の割引率は

→1%となります。

これはあくまで「Origami Pay」を使用したら自動的に割り引かれるものですので、楽天カードなどクレジットカード・デビットカード自体に還元機能があるものであれば、上乗せで還元(割引)が適用されることとなります。

Origami Payにクレジットカード/デビットカードを登録する方法は、「Origami Payの基本的な使い方」にある「準備編」を御覧くださいませ!

金融機関口座からの支払いの場合

2020年1月時点で、登録した金融機関口座からの支払いをした場合の割引率は

→なんと3%となります。

こちらも、Origami Pay利用時に自動的に支払金額から差し引かれるパーセンテージとなり、即時3%の金額が値引かれる形となります。

消費者還元事業による還元(割引)

上記に加えて、2020年6月までは政府が主導する「キャッシュレス・消費者還元事業」が並走しています。

その場合、上記のパーセンテージに加えて、

2%~5%の還元が適用となるため、最大で8%の値引きがその場で実行される形となります。

8%はさすがに大きいですね!

ただし、世の中的には5%の適用店舗が非常に少ない反面、2%の適用店舗がコンビニエンスストアとなっていますので、割引のケースとして最も多く発生するが、

Origami Pay:3% + コンビニ:2%=合計5%

となるかと思います。

Origami Payの最大割引金額も頭に入れておくべき

3%の即時割引でお金を散財していると唐突に現れる「最大割引金額」というリミッターがあります。

これは、3%で割り引かれる金額の合計値が一定の値を超えると、それ以上は割引が適用されない、というもの。

その「最大割引金額」は紐付けている対象(金融機関口座/クレジットカード・デビットカード)によってことなり、

  • 金融機関口座:3000円
  • クレジットカード/デビットカード:2000円

となり、購入金額で表すと、

  • 金融機関口座:100,000円までの買い物。
  • クレジットカード/デビットカード:200,000円までの買い物

に割引が継続的に適用される、という形になります。

【注意】金融機関3%割引は2020年1月31日で終了

「3%の即時割引」は支払金額に細やかに配慮している消費者であればかなり嬉しい料率ですが、このパーセンテージはキャンペーンとして終了日が存在します。

その終了日は2020年1月31日までとなっており、2月以降は新しく告知されるプレスリリースなどの情報を待つのみ!となるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は Origami Pay の還元率(割引率)について詳しくご紹介させていただきました。

  • 金融機関口座:3%(100,000円までの買い物適用)
  • クレジットカード/デビットカード:1%(200,000円までの買い物適用)

となりますので、もし行く予定の店舗がOrigami Payに対応しているようでしたらOrigami Payに金融機関口座を登録しておくことをおすすめします!