『メルペイ』で銀行口座を登録し「チャージ」を行う方法-メルペイスマート支払いに使えるチャージを簡単入金

他のペイ系アプリとも引けを取らない頻度と還元率のキャンペーンを展開する「メルペイ」。

もともとフリマアプリとしてスタートしたメルカリの「メルペイ」ですが、PayPayなどのようにチャージして使用することで安心して利用し、且つ還元などの特典を受け取ることができます。

今回はメルペイにチャージを行うことを目的に、その前段となる「銀行口座の登録」と実際のチャージ方法について詳細を解説いたします!

メルペイが提供しているチャージの手段

それではメルペイにチャージを行うにはどのような方法があるかご紹介します。

銀行口座からのチャージのみ

メルペイにチャージを行うには銀行口座を登録してその口座からチャージを行う方法のみとなっています。

自分が契約している銀行口座をメルペイ上で登録し、そこから金額を引き出す形でメルペイへのチャージを行います。

クレジットカードからのチャージは可能?

2019年12月現在ではクレジットカードからのチャージ方法は提供されておりません。

今後的には提供される可能性はありますが、PayPayにおけるヤフーカード、楽天ペイにおける楽天カード、など系列の企業が提供しているクレジットカードの銘柄があれば、連携する可能性は色濃くなりますが、メルカリ単体でのクレジットカードブランドは存在しないため、現在そのプランはないことが予想されています。

登録可能な銀行一覧

メルペイチャージする方法は、銀行口座からのみ可能ですが全ての銀行からチャージが出来るわけではありません。

以下に記載する、提携済みの銀行からのみチャージが可能となっています。

  • メガバンク
    • みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行
  • ネット・外国銀行
    • イオン銀行、SBJ銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行
MEMO
全国各地の地方銀行はこちらを、信用金庫はこちらのページを確認してみてください。

メルペイにチャージ用の銀行口座を登録する方法

▼まずメルカリアプリを起動し、「メルペイ」の画面を表示、そこから銀行チャージを選択します。

▼ 次に表示される画面の下に銀行口座を登録するというボタンがありますのでそちらをタップします。

▼ 次に表示される銀行の選択画面にて、各銀行が表示されていますので、ご自分が今口座を所持している、登録を希望する銀行を選択します。

▼口座登録に必要な情報が表示されますので、こちらの情報が手元にあるかを確認し同意して次へをタップします。

▼次の画面では銀行口座の詳細情報を登録していきますが、予め別の銀行口座を登録している場合は常に自分の情報は記入されている状態で画面が表示されます。

▼必要な情報を入力したら画面最下部に表示されている銀行サイトへをタップします。

ここから先はそれぞれの銀行側の Web ページに移動します。

各銀行サイト側で共通して必要になる情報が、暗証番号や二段階認証のキーとなる「パスワードカード」(に記載される番号)などが必要になります。

必要になる情報は銀行によってそれぞれ異なりますが、認証を行う画面上で必要なものが表示されますので、画面の指示に従って必要な情報を入力するようにしましょう。

▼銀行口座の登録が完了するとこちらが表示されます。

これでチャージを行うための最も基本的な作業である「銀行口座の登録」が完了しました!

複数の口座登録が可能

メルペイに登録できる銀行口座の数は制限されていませんので、複数の銀行口座をお持ちの方はそれぞれを登録することが可能です。

登録した銀行口座からチャージを行う方法

それなら登録完了した銀行口座から実際にチャージを行ってみましょう。

メルペイに対してチャージを行うには、

▼メルペイトップ画面に表示されているチャージ(入金)をタップし、

▼下から表示される出金する画面に「出金する銀行口座」「チャージ(入金)金額」が表示されていますので

それぞれ入金(出金)を希望する銀行口座(複数ある場合)、金額を選択しましょう。

▼銀行からのチャージが完了すると残高履歴にはこのように表示されます。

▼残高履歴の該当する部分をタップすると詳細を確認することができます。

 

メルペイが推奨する「スマート支払い」もチャージ後の残高払いがお得

今回ここまでメルペイにおけるチャージ方法をご紹介してまいりましたが、取引できる銀行も急速に広がっていることもあり、利便性をさらに高まる一方です。

また、メルペイが推奨する「スマート支払い」という後払いシステムですが、こちらを利用するにもチャージを行ってからの「残高払い」がその他で提供されている手段よりも断然お得になります。

残高払いの場合、手数料がかからない

スマート支払いとは月中で発生した支払いを次月にまとめることができるというサービスですが、支払いの方法としては

  • 残高払い
  • コンビニ/ATM支払い
  • 口座振替

が用意されています。

この中で手数料が一切かからないのが「残高払い」となっており、コンビニ/ ATM支払い、口座振替では、1回の支払いにつき300円の手数料がかかります。

また今現在ではスマート支払いを初めて利用したタイミングや、メルペイスマート支払いに限定されたキャンペーンなども提供されていますので、最も多く還元や特典を得るためには、銀行口座の登録からチャージを行い、スマート支払いにて決済を行うのがベストな利用方法となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はメルペイにおける銀行口座の登録からチャージの方法について詳細を御紹介いたしました。

メルペイの場合、iDという規格の支払いが利用できることからかなり広範囲の店舗でメルペイを使用することができますが、どの支払いにも発生するような「基本還元率」が存在しないため、メルカリやメルペイを普段から利用しない人にとっては、基本的に「キャンペーンがあれば利用する」というスタンスになることが予想されます。

それとは別にメルカリを普段から利用しているユーザーは普段の生活におけるリアル店舗でも売上金を使用することができますので、そういった形は日常使いに向いてるかと思います。

ぜひお試しくださいませ!