PayPayの「まちかどペイペイ」の対象店舗が分かりづらい!10%還元を受けれる店舗の確認方法を徹底解説!

ペイ系アプリで先行しているPayPayが10月1日から始まるキャッシュレス消費者還元事業において、連動した新しいキャンペーン「まちかどペイペイ」 をスタートさせます。

▼楽天ペイもこの還元事業と連動したキャンペーンを行っています。

決済アプリ『楽天ペイ』が10月1日からなんと全店舗5%ポイント還元!還元を受ける方法・注意したい付与の上限など徹底解説!

この「まちかどペイペイ」は最大で10%もの還元が適用されるということもあり、話題が集まっていますが

「どの店舗が10%対象なのかわかりにくい!?」

という声が上がっています。

今回は、その「まちかどペイペイ」の対象店舗について詳しく解説します!

『まちかどペイペイ』とは?

「まちかどペイペイ」とは、2019年10月から開始される国が主導するキャッシュレス消費者還元事業と連動したキャンペーンで、PayPayが国が負担する最大5%の還元に追加する形で5%の上乗せを行い、合計10%の還元を実現するというキャンペーンです。

キャッシュレス・消費者還元事業とは?
簡単に言うと、現金を使わない電子マネー払いを促進するため、電子マネー決済時に国がポイント還元の支払いを行う、というもの。

最大10%の還元も「対象店舗が分かりづらい」の声

その国が負担する還元率はなんと最大5%という超高還元率でスタートしますが、全ての電子マネー決済が還元の対象になるかというとそうではなく、「消費者還元事業の対象店舗での支払い」に限定されます。

そうなると、

じゃあ対象店舗ってどこよ?

ってなるかと思いますが、経産省が作成したHPには

▼なんと6,300ページ以上にもなる対象店舗のリストが掲載されています。

お!これで対象店舗が一目瞭然だね!

ってならないよねぇ~。

そこで今回は最大10%の還元が受け取れる店舗の確認方法をご紹介いたします!

『まちかどペイペイ』の対象店舗を確認する方法

【追記】ついに配信された還元事業対象店舗を確認できる地図アプリを使う

各所からツッコミをもらっていた「対象店舗がどこか?」問題ですが、ついに本事業の事務局から還元事業の対象店舗が地図上で一覧できるアプリが配信されました!

▼ダウンロードはこちらか。

ポイント還元対象店舗検索アプリ

ポイント還元対象店舗検索アプリ

▼このアプリの詳しい使用方法はこちらの記事にまとめさせて頂いております。

政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」対応店舗が地図上で確認できるアプリが登場!その使い方や対応決済を確認する方法を徹底解説!

このアプリの良いところは

  1. 店舗の名前・場所が分かる
  2. 還元率が何%か分かる
  3. 使用できるキャッシュレスサービスが分かる

と三拍子揃っている点です。

結果的にこのアプリひとつで

  • まちかどペイペイがどこで行われている?
  • まちかどペイペイの還元率は?

を解決することができます。

MEMO
このアプリで

  • 「5%」と表記されていた場合、まちかどペイペイは10%還元
  • 「2%」と表記されていた場合、まちかどペイペイは3.5%還元

となります。

詳しくはこちら

実店舗でポスター・ステッカーの掲示を確認する

まずひとつ目のご案内となるのが、

▼ 実際の店舗にてこちらのページがあるかどうかが目印となります。

こちらの表示があれば、最大10%の還元が間違いなく受け取れる店舗です。

ただし、この場合は実際に店舗に足を運んで、店内で掲示を確認する必要があり、あらかじめ行くお店を決めてお買い物に行く出発前は還元が適用されるかどうかわかりませんね。

予め行くことが決まっているお店がまちかどペイペイに対応しているかどうかを確認する方法は以下となります。

zaimの「キャッシュレス還元マップ」で検索して確認する

家計簿アプリで有名な「zaim」が今回のキャンペーン期待してキャッシュレス還元バックコンテンツを公開しており、その検索ボックスで地域や店名を検索することによって、行こうとしてるお店がまちかどペイペイに対応しているかどうかを事前に確認することができます。

▼まずはこちらにアクセスし、キャッシュレス還元マップのトップページを開きます。

▼画面をした方向にスクロールしていくと、このように検索窓と日本地図が表示されますので、検索窓の中に地域名や店舗名を入力し検索を行います。

▼そうすると、このように検索ワードに対応した店舗が表示されますので、こちらである程度絞り込んで確認することが可能になります。

これらの方法で確認する際の注意
キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗であったとしてもPayPayの加盟店ではない場合、最大10%の還元を受け取ることはできません。

アプリ内の地図で対象店舗を確認する(未実装)

PayPayのアプリ内ではまだ未実装ですが、 地図上にまちかどペイペイの対応店舗を表示させる機能が準備中の可能性があります。

想定される見え方としては、

▼アプリを開いて表示される近くのお店タブをタップし、

▼現段階ではこのように「ワクワク」(=ワクワクペイペイ)が表示されていますが、

同じような形式で「まちかどペイペイ」のアイコンが表示されることが想定されています。

注意!還元事業の対象店舗でもフランチャイズ系店舗の還元率は3.5%になります

ここまでの説明をご覧いただいて、消費者還元事業の対象店舗であれば、かならず10%の還元が受け取れると思ってしまうかもしれませんが、対象店舗の中でも国の負担分が5%のお店と2%のお店が存在します。

5%の対象店舗においてはPayPayが追加の5%還元を上乗せして10%になりますが、

フランチャイズ系の対象店舗は2%となり、その場合PayPayの追加分が1.5%に留まるため、合計で3.5%のポイント還元となります。

「じゃあフランチャイズ系って何?」というとまたさらに事態は複雑になります…。

前提を細かくご説明していくとキリがありませんのでひとまずピンポイントに3.5%になる店舗の確認方法をご紹介いたします。

3.5%になる店舗の確認方法

では、どのお店の還元率が3.5%になるかを確認するには、

▼先程のZaimのサービスで2%か5%かを調べたいお店を検索して、

▼店名の一覧が表示されているこの状態で画面を右方向にスワイプすると、

▼このように各店舗の還元率を確認することができます。

ここでもし2%と表示されている場合は、たとえPayPayが使えたとしても還元されるパーセンテージは3.5%になります。

還元は「PayPayボーナス」で付与

また、還元方法ですがPayPay残高にお金が振り込まれる形ではなく、「PayPayボーナス」で支払われるとのこと。

▼「PayPayボーナス」についてはこちらに詳細を記載しております!

『PayPay(ペイペイ)』の「PayPayボーナス」と「PayPayボーナスライト」とは?その使い方とメリットを徹底紹介!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

相変わらず分かりにくいですね。

今回のキャッシュレス消費者還元事業については常日頃からキャッシュレスを利用している人にとってはありがたいキャンペーンってありますが、 2パーセントと5パーセントなど条件が複雑になるにつれ、還元を受けるモチベーションも下がっていってしまう気がしています。

とはいえあらかじめ決めた店舗に訪れれば、条件に10%ものポイント還元が適用されますので、消費税増税後に高額なお買い物をされる際は是非あらかじめキャッシュレス消費者還元事業に参画している店舗かどうかを確認しておきましょう。