ドコモの「d払い」を『解約』『退会』する方法-ドコモ口座からdアカウントの削除まで徹底解説!

今回はドコモが提供するペイ系キャッシュレスアプリ「d払い」を解約・退会する方法をご紹介します。

d払いはdアカウントと密接に結びついており、削除を行うにも双方の関係性を簡単にでも理解しておく必要があります。

また、カード情報のみ削除したい口座(ドコモ口座)のみ解約したい全ての情報を抹消したい、という削除の度合いによってやり方を分けてご説明しています。

d払いの「解約」は目的に応じて段階的に可能

d払いを解約する、といってもd払いの利用時、預けている情報が複数あり、解約・情報削除をどこまで行いたいか、によって「解約」に対するアクション内容は変わってきます。

一定期間利用しない場合は、「カード情報」の削除を行うのが適切です。その場合、dポイントの情報などはそのまま残り、引き続き、dポイント加盟店などで使用することができるため。

d払いにチャージを行った口座、およびドコモ口座を閉じたい場合は、「ドコモ口座」の削除を行うのが適切です。その場合、dアカウントはまだ残存している形になりますので、

全ての情報をキレイさっぱり削除したい、という場合は「dアカウントの削除」を行うことでd払いに関する全ての情報を消去することができます。ただし、dポイントカードなどポイントシステムに関する情報も消去され、d払い以外の情報も同時に無くなることになりますので、一度dアカウントの消去が適切か確認を行ったほうが良いでしょう。

カード情報のみ削除したい→クレジットカード情報の削除

クレジットカードの情報を削除することは、 d払いのアプリ上から可能です。

▼ d払いのアプリを起動し画面左上に表示されているをタップ。

▼次に設定をタップします。

▼そうすると設定の一覧が表示されますので、お支払い方法をタップ。

▼次の画面では支払い方法に関する一覧が表示されます。その中に常に登録してあるクレジットカードの情報が表示されているはず。そのカードのゴミ箱アイコンをタップすると、

▼クレジットカード削除確認画面が表示されます。この画面上の下部に表示されている削除ボタンをタップすることによって登録済みクレジットカードの削除を行うことができます。

登録した金融機関の削除は不可

▼支払方法一覧の画面で登録されている金融機関の口座を表す口座払いが表示されていますが、 d払いのアプリ上でこの金融機関の登録を削除することはできません。

d払いに登録している金融機関の口座は、d払いの利用開始時に自動的・強制的に登録した口座になりますので、金融機関の削除を行う時は、ドコモ口座自体の削除が必要になります。

ドコモ口座を削除する方法は、次の項にて詳しくご紹介します。

d払いの残高口座を削除したい→ドコモ口座の削除

ドコモ口座を削除する方法は、 d払いアプリを起動しアイコン→設定から

▼以下のドコモ口座各種設定・解約をタップします。

そうするとブラウザが立ち上がりdアカウントを使ったドコモ口座へのログインを行う形になります。

▼問題なくログインが完了するとドコモ口座の各種設定・確認画面が表示されますので

▼この画面をした方向にスクロールしていくとサービスの解約がありますので、こちらをタップします。

▼最後に解約確認の画面が表示されますので解約するボタンをタップしてドコモ口座の解約を行うことができます。

この手続きが実質的に「金融機関の削除」となる

d払いに登録した金融機関口座の削除は「できない」と本記事前半でお伝えしましたが、このドコモ口座の削除というアクション自体ができていなく金融機関の削除となります。

【注意】残高・未受信の送金がある場合、ドコモ口座の解約ができない

以下の状態にあるとき、ドコモ口座の解約はできません。

  1. d払い(ドコモ口座)に残高が残っている時
  2. 相手が未受信(未取得)の送金が存在している時

上記2つのいずれかの状態にある時は、ドコモ口座の解約ができませんので、

  1. 残高を使い切る
  2. 送金をキャンセル・もしくは受け取り完了してもらう

を行い、口座解約の前準備を完了させましょう。

dアカウントを削除して全ての情報を抹消したい→dアカウントの削除

最後の手段として提供されているのは、 d払いの情報の大元になっている「dアカウント」を削除する方法です。

D アカウントを削除することによって、d払いの全情報を削除できるだけなく、関連するドコモのサービスを全解約することが可能です。

また、dアカウントを削除する方法は、ドコモの回線を利用している契約者と、 au やソフトバンクなどドコモ以外の回線を利用しているユーザーとで方法が異なります。

ドコモ回線契約者の場合

まずこちらのページにアクセスして+開くをタップします。

▼そうすると、ページが展開する中からIDを削除するというリンクが表示されますので、こちらからdアカウントの削除を行うことが可能です。

ドコモ回線契約者ではない場合

ドコモ回線の契約者ではないユーザーがdアカウントを削除するには、

▼こちらのページの「ドコモ回線をご契約されていないお客様」の+開くをタップし、

▼ページが展開された中にあるdアカウントメニューをタップします。

▼ 次のページでdアカウントメニューが表示されますので、dアカウントの廃止をタップします。

▼dアカウントの廃止手順となる画面が表示されますので、次へ進むをタップ。

▼最終的な確認として「ID」「パスワード」の入力を行い、 dアカウントを廃止するをタップすると、

dアカウントの廃止・削除を完了させることが出来ます。

これで、d払いに登録した情報やその他ドコモ関連のサービスに登録した情報を削除することができました!

【注意】ドコモの回線契約者はdアカウントの削除でドコモ口座の解約とならない

ドコモの回線契約をしているユーザーがdアカウントを削除しても、ドコモ口座を削除した、ということにはなりません。

ドコモの回線契約をしているユーザーは、回線(電話番号)が大元の契約アカウントとなり、dアカウントもそれに紐付いている状況。且つ、ドコモ口座も回線に紐付いている形式になりますので、dアカウントを削除しても、再度dアカウントを作成し、ドコモ口座を紐付けし直すことで、ドコモ口座がそのまま利用できる形となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は d払いの解約方法について詳しくご紹介しました。

d払いもスーパーマーケットなどでの使用でかなり高い料率のポイント還元を行っていたりすることもあり、無理にd払いを解約する必要もそれほどないと思います。

もし使い勝手や、他のペイ系アプリをメインで使う前提でd払いの情報を削除したい場合は、上記に記載した内容を参考に手続きしてみてくださいませ!