ドコモのペイアプリ『d払い』に「チャージ」を行う方法-コンビニチャージやメリットの有無など徹底開設!

d払いにおいて「チャージを行う方法」を具体的にご紹介します。

d払いはドコモユーザーであれば「電話料金合算払い」が適用でき、d払いを利用した買い物も月々の携帯電話の請求に上乗せすることができますので、チャージ自体はそれほど重要では有りませんが、au、ソフトバンクユーザーは各キャンペーンを適用させるのにチャージが便利です。

ドコモのペイアプリ『d払い』が使えるお店を確認する方法-キャンペーンの対象店舗のみ表示する裏技も徹底解説!

d払いでチャージを行うには?

d払いでチャージを行う方法として提供されているのが

  1. 銀行口座からのチャージ
  2. セブン銀行ATMでもチャージ
  3. コンビニエンスストアでのチャージ

の3通りから選択することが出来ます。

クレジットカードからのチャージは可能? 

今現在、d払いへのチャージ方法としてクレジットカードからの入金機能は実装されておりません。

正しい d払いが提供する支払い方法の一つとして、 d払いアプリ内にクレジットカード情報を登録して、 d払いでの支払いを全てそのクレジットカードで行うことができます。 

d払いにチャージを行う前に知っておきたいこと

本記事の後半で詳しいチャージの方法をご説明いたしますが、最も従来的な銀行口座からのチャージを行う場合、ドコモ口座の口座を自動的に解説する形になります。

銀行口座の登録を行い一番最初にチャージする時のみドコモ口座が表示される形になり、それ以降は d払いのアプリ内でチャージが完了する形になります。

一番最初に d払いでチャージを行う際、突如としてブラウザ画面が表示されますが、それはドコモ口座を開設するために必要な手続きになりますので、焦らず淡々と開設作業を進めていきましょう。 

d払いでチャージを行う方法

では実際にd払いでチャージを行うには具体的にどのように進めていくのかご紹介いたします!

銀行口座からチャージを行う方法(初回編)

▼ d払いのアプリを起動しチャージを選択します。

▼次にチャージ方法が表示されますので銀行口座を選択します。

▼ブラウザに移動して手続きを進めるためのポップアップが表示されますので開くを選択。

▼次に表示されるのはドコモ口座の画面でここからはドコモ口座というサービス内での手続きとなります。

▼こちらの画面上でも住所・職業・利用目的を記入して

▼最後に利用規約を確認してから同意して進むをタップします。

▼次の画面にてチャージを行うための銀行口座を選択する画面になります。

こちらで一覧になっている銀行からチャージ設定を行うことができる自身の銀行を選択しましょう。

▼任意の銀行を選択すると店番号や口座番号を入力する画面が表示されますので口座の情報を入力していきます。

▼口座情報入力が完了すると 確認画面と金融機関サイトに接続するためのボタン金融機関へが表示されますのでこちらをタップします。

これ以降のページでは各金融機関が用意した接続ページが表示されます。

各金融機関のページにおいて「ドコモ口座」との振替登録が完了すると、

▼このように銀行口座受付完了の画面が表示されますので、そのままチャージへと進みたい場合は、チャージするボタンを押します。

その後、金額入力の画面があり金額の確定画面にて確認を行うと、

▼このようにチャージ完了と表示され、ブラウザ上ですが、ドコモ口座に入金を完了させることができました。

ここまでの作業でドコモ口座の開設と設定した金額の入金が完了しました。

実際的にここで入金した金額は d払いにおいての残高となり、 d払いが使用可能な店舗においてチャージした残高を使用しての買い物を行うことができます。

銀行口座からチャージを行う方法(2回目以降)

一度ドコモ口座で口座開設を完了すると、それ以降は d払いのアプリ内でチャージを完了させることができます。

2回目以降に d払いにおいてチャージを行うには、

▼再度アプリのチャージを選択。

▼d払い上でチャージをする時の最初だけ以下の利用規約表示が行われます。

こちらは念のため内容を確認し画面下に表示されている同意して次へのボタンを押して次に進みます。

▼そしてチャージのための金額入力画面が表示されますのでチャージ金額を入力し画面下に表示されているチャージするをタップしてチャージを行います。

d払いのアプリからチャージを行う場合は1000円からチャージを行うことができます。

セブン銀行ATMからチャージを行う方法

d払い以外のペイ系アプリが既に導入済みのようにd払いもセブン銀行 ATM からチャージを行うことができます。

まず、実際にセブン銀行 ATM が設置されているところに行き、タッチパネル表示されているスマートフォンでの取引をタップします。

次に「お取引会社のスマホアプリで QR コードを読み取り次へを押してください」と表示と合わせてQRコードが表示されますので、

▼アプリトップ画面に表示されているチャージを選択した後、

▼チャージ方法が銀行口座に設定されている場合はチャージ方法切り替えるボタンを押します。

▼表示される選択肢の中にセブン銀行 ATMが ありますのでこちらをタップします。

▼アプリを注意事項などが詳しく表示されますので確認後、 QR コードを読み取るをタップします。

そうするとカメラが立ち上がりますので、ATMのタッチパネルに表示されている QR コードを読み取ります。

その後アプリ上で「企業番号」が表示されますのでその番号を ATM の画面に入力。以降は自身が希望する金額をATMに入金し、チャージ完了となります。

実際にセブンイレブンなどに設置されているセブン銀行 ATM に行く必要がありますが、

▼不定期でこのようなセブン銀行 ATM だけのキャンペーンも行われていますので、

上記のようなキャンペーンが行われているタイミングでセブン銀行 ATM が便利な位置にある方はATMからのチャージを検討しても良いですね! 

コンビニのレジなどでチャージを行う方法

コンビニエンスストアで直接入金額を支払うことによって d払いへのチャージを行うことができます。

コンビニエンスストアでのチャージを行うにはチャージ方法の選択時にコンビニをタップし、

▼下記の「コンビニでの入金」に関する利用規約に対し同意するをタップ。

その後、その他の方法と同様に入金額を最初に入力。次へをタップします。

▼次にコンビニを選択するをタップし、

▼コンビニでのチャージが可能なコンビニ一覧を確認することができます。

チャージを行う方法はそれぞれのコンビニで異なり

▼ローソンの場合「Loppi専用コード」の表示、

▼ファミリーマートの場合、レジで提示するためのバーコード表示

▼デイリーヤマザキの場合、オンライン決済番号が表示されます。

それぞれのコンビニエンスストアのレジなどにて上記の方法で表示されるコードを入力・提示することで指定の金額をチャージすることが出来ます。 

d払いでチャージを行うメリットとは?

現時点で d払いにチャージすることのメリットはどのようなポイントがあるのでしょうか。

「チャージすることのメリット」となると現在時点ではあまり無いのが現状です。

PayPayの場合、「PayPay残高」と言われるアプリ内に一時的に保留している金額を使用することで通常よりも高い還元率を得ることができますが、d払いの場合、ドコモ口座の金額使用時に優遇されるポイントなどは有りませんので、クレジットカード使用との差異はあまりないのが現状です。

d払いに限らずですが、各「ペイ系アプリ」とも、

キャンペーンは積極的に、且つ頻繁に展開しておりますので、

これらキャンペーンを逐次観察しながら、適切なタイミングで利用するのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、d払いにおける「チャージ方法」について具体的な方法をご紹介させていただきました。

もっぱら銀行口座からの入金になるかと思いますが、ドコモ回線を利用しているユーザーの場合「携帯電話合算払い」がありますので、チャージの必要はそれほど無いかと思います。

au、ソフトバンクユーザーがキャンペーンの適用目当てでd払いを利用する時に、「プリペイドカード」的に利用する際は、今回のチャージが最も利便性が高くなります。